勤怠管理システムにかかるコスト

subpage1

勤怠管理システムでは、およそ30日〜60日間のお試し期間がついていることがあります。
クラウド型の勤怠管理システムなら、導入のためにソフトを購入する必要もありませんので、まずは手軽にお試しをしてみましょう。

インターネットに接続している環境さえあれば、どこでも利用ができます。

パソコンがなくても、インターネットに接続しているタブレットがあれば利用ができますので、職場にパソコンを常備している必要もありません。


勤怠管理システムといってもさまざまなものがありますが、クラウド型のサービスのほうが主流となりつつあるようです。
指紋認証など、生体認証システムを導入すると、より不正が行えなくなりますが、コストがかかるのが難点です。


ほとんどの職場では、生体認証システムまでは導入する必要がないでしょう。目的に合わせたプランを契約できるということも、勤怠管理システムのメリットです。



月額コストとしては、1ユーザーあたり200円〜400円くらいとかなり安価です。

T-SITE情報が絶対見つかります。

労働者が100人いる職場なら、2万円〜4万円程度になるので、タイムカードよりもコストが削減できる場合もあるでしょう。


タイムカードでは集計をするために人件費がかかることがネックとなります。クラウド型のシステムでは、初期費用がかからないことも魅力です。パッケージ型のシステムの場合には、初期費用として20万円以上がかかることもあります。



パッケージ型のほうが高性能となる傾向がありますが、まずはクラウド型のサービスを検討してみましょう。

情報分析

subpage2

勤怠管理システムは、将来的にはタイムレコーダーに取って代わると言われています。最大のデメリットと言われていたのが、コストがかかるということです。...

next

ITの補足説明

subpage3

勤怠管理システムを自社のオンプレ環境に構築する場合に比べて、勤怠管理をクラウドで行うメリットは多くあります。物理的な構築の期間が不要なため導入期間が短い、サーバーやルーターなどのネットワーク機器を揃える必要がないので初期費用がお得でランニング費用もお得、サーバーやネットワーク機器の保守対応が不要などのメリットがあります。...

next

基礎知識

subpage4

企業における勤怠管理の主役は、長らくの間、紙で作られたタイムカードとタイムレコーダーでした。紙のタイムカードによる勤怠管理のメリットは何よりも導入が簡単なことが大きく、また、使い方についても誰でも簡単に使えることから様々な企業、店舗で今も使われています。...

next

最新情報

subpage5

クラウドはとても便利で、これによって複数の端末から同じ情報にアクセスすることもできます。クラウドを活用しますと、サーバーのメンテナンスにかけるコストをなくすこともできます。...

next