勤怠管理システムのメリット

subpage01

勤怠管理システムは、将来的にはタイムレコーダーに取って代わると言われています。
最大のデメリットと言われていたのが、コストがかかるということです。

タイムカードの勤怠管理をご紹介いたします。

本格的なシステムを導入するためには、初期費用だけでも30万円くらいがかかることもあります。
さらに、月額費用として10万円以上がかかることもあります。


タイムレコーダーなら、導入コストはほとんどなく、月額コストとしても、集計をする人の人件費くらいとなるでしょう。

真剣にgoo ニュースの人気度が上昇しています。

しかし、勤怠管理システムでも、クラウド型のサービスが増えてきており、その場合には初期コストはゼロということもあります。

それどころか、キャンペーンで1ヶ月〜2ヶ月くらいは無料で試せるようなサービスもあります。無料でお試しして、正式な契約を結んだ後も、月額200円〜300円くらいで利用ができます。これは1人あたりのコストなので、50人規模の会社なら、1万円〜1万5千円くらいとなります。人数によっては、大きなコストがかかってしまいますが、大人数であるほど管理が大変になるので、システムのメリットは大きくなります。

勤怠管理システムによっては、人数に関わらず、月額コストが固定の5千円〜1万円程度になっていることもあるので、さまざまなプランやサービスを比較してみましょう。
インターネットに接続したパソコンが必要になりますが、タブレットといった商品も登場していることから、導入のためのハードルは下がってきています。