勤怠管理をクラウドでするメリット

subpage01

勤怠管理システムを自社のオンプレ環境に構築する場合に比べて、勤怠管理をクラウドで行うメリットは多くあります。物理的な構築の期間が不要なため導入期間が短い、サーバーやルーターなどのネットワーク機器を揃える必要がないので初期費用がお得でランニング費用もお得、サーバーやネットワーク機器の保守対応が不要などのメリットがあります。



そもそもクラウドについての説明をすると、仮想化技術を使い、インターネット上にユーザー専用の環境を用意する事です。
クラウド上での勤怠管理の方法は2つがあります。

Yahoo!知恵袋についての情報はこちらです。

1つはクラウド環境を用意して、そこに勤怠管理のシステムを実装する方法です。

もう1つはクラウドとサービスが一体化したSaasという方式で勤怠管理のサービスを利用する方法です。

Saasはサービスと一体化しているため、サービスの保守対応についてはサービス提供者側が行います。

保守対応を極力減らしたい場合は、Saas方式での導入を検討した方がいいです。



ユーザー目線からのメリットは、会社のネットワークの外からでもインターネットにつながっていれば利用する事ができるため、リモートワークなどで自宅で仕事をしている場合でも利用する事が可能となります。

コスト削減の観点からみても、インターネットを使って勤怠を処理することが可能になるため、外出の場合、今まで会社に帰社して勤怠登録をしていた人も外出先から直接自宅で帰る事が可能になります。

コスト削減の効果として交通費の削減や残業削減につなげる事が可能になります。